2012年04月30日

マリノス、ようやく公式戦初勝利

やっと一勝である。

相手は神戸。キックオフ直後から神戸は全くサッカーにならず、これは酷いという状態。このチームに負けるようではお話にならない、と思っていたら、あっさり先取点を取られてしまい、おいおいおい、という感じになった。あー、またか?と思っていたら、小野と齋藤が奮起してくれて逆転。俊輔と中澤のコンビにご祝儀のようなゴッツアンゴールも生まれて、結果だけ見れば3−1の快勝である。

いや、別に悪いサッカーをやっていたわけではない。普通のサッカーである。超一流はいなくても、そこそこにやれる選手がそこそこいるので、普通にやっていれば、今の神戸が相手なら問題なく勝てるはずだ。だから、特に驚くほどのことでもない。だけど、もっと上に行けるサッカーかと言われると、ちょっと疑問である。今日の勝ちは、小野、齋藤、そして途中から投入された谷口の、個の能力によってもたらされている。

全体をコンパクトに保ち、前線の選手が高い守備意識を持って走り回る、というサッカーは、前節の磐田戦でもかなり機能していた。この方針でやっていくのは別に悪くない。しかし、懸念材料もあって、それは走り回る選手たちに累積していく疲労である。この調子でやっていると、おそらく大黒、小野、齋藤あたりはやがてコンディションを落とす。みんなで走るサッカーをやるためには、当たり前だけれど、みんなが走る必要がある。ベテランが多いマリノスは、これをやっていると、まずベテランの総量が落ちる。そして、それをカバーするために、今度は若手に対する負荷が増大し、若手が潰れる。

今は生きのいい若手がいるから機能している。しかし、これがずっと続くのだろうか。その点についてはやや疑問が残る。

とはいえ、初勝利が良いニュースなのは間違いがない。そして、注目すべきは次の浦和戦だろう。神戸は勝って当たり前のチームだった。今年の浦和は違う。もし次節も同じようなサッカーで勝てるのなら、しばらくは良い流れが続きそうである。一方で、もぐらたたきよろしく、ペコンと叩かれてしまうようなら、当分は降格争いから脱出できないかも知れない。

この記事へのトラックバックURL