2012年05月21日

あ!SDカードが入ってない!という事故を防ぐたった一つの方法

ラーメン店に入って、注文を済ませて、さぁ、ラーメンが来た、写真を撮ろう、と思ったら、「SDカードが入っていません」とか、「メモリーが足りません」とかのメッセージが出てくることが良くあると思います。あるいはバッテリーが入っていなかったり。こういう場面でのがっかり感というのは計り知れないものがあります。絶対に避けたいですよね。家に帰ってきて、パソコンのSDカードスロットに刺さっている16ギガのカードを見たら、スカートの中を撮影しているところを現行犯逮捕されたのではなくても、そのSDカードを噛み砕いてしまいたくなります。

さて、私はこの度、この事態を完全に避ける方法を編み出しましたので、ここで報告させて頂きます。それは、「SDカードやバッテリーを取り出したら、蓋をしめない」というものです。人間はついつい蓋を開けたら閉めてしまいます。これは本能と言っても良いくらいです。でも、そこで頑張って、蓋をするのを辞めてみましょう。あらびっくり。たったこれだけの工夫で、「うわっ!!SDカードが入ってないっ」という事態をほぼ100%回避できるようになります(当社比)。

この方法の問題点はたったの2つです。一つ目は、蓋の中にゴミが入りそうなこと。でも、まだそういう事態にはなったことがありません。二つ目は、蓋を開けっ放しで机から落としたりすると、非常に壊れやすそうだということです。これもまだ事例がないので、あくまでも予想に過ぎないのですが・・・。この2つのリスクさえ覚悟できるなら、データの移送時や充電時には、デジカメの蓋をするのは辞めましょう。不思議なくらいに事故が激減します。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
SDカードをカメラに差したまま、カメラ自体をUSBでパソコンに繋ぐという方法でも防げるような気がしますが……。
Posted by 古城陽太 at 2012年05月21日 18:41
何時も楽しく読ませてもらっています。
無線LAN内蔵SDカードEye-Fiってのもあるみたいですよ。
参考までに。
Posted by じょっく at 2012年05月21日 21:51
> SDカードをカメラに差したまま、カメラ自体をUSBでパソコンに繋ぐという方法でも防げるような気がしますが……。

僕の場合RawとGifを同時記録・同時転送しているのですが、カメラを直接接続すると5倍ぐらい時間がかかって使い物になりません。
Posted by buu* at 2012年05月21日 23:40
> 何時も楽しく読ませてもらっています。
> 無線LAN内蔵SDカードEye-Fiってのもあるみたいですよ。
> 参考までに。

一昨年から弊社が美容室・理容室でサービス提供を行なっている「ヘアカットJP」はEye-Fiを利用しております。いかんせん、容量が少なくて。すぐに転送するから、という理由で、マックスが8ギガだったはず。しかも、ノーマルのSDに比較するとかなり高額なはず。僕の場合、最低でも16ギガはないとだめで、16ギガも常時二枚持ち歩いています(笑)。
Posted by buu* at 2012年05月21日 23:44