2012年06月22日

ユーロ準々決勝展望

予選リーグが終わって、今晩からいよいよ決勝トーナメントである。どうせ外れるとは思うが、一応予想などをしておこう。

まず、チェコ対ポルトガル。チェコはグループリーグの初戦で破れてからカウンターを徹底することによって見事に立て直しに成功したチーム。このカウンターサッカーがクリスティアーノ君に対してどこまで通用するか、というのが見所。普通に考えればポルトガルだが、カウンターサッカー大好きな僕としてはチェコの勝ちに一票。

次に、スペイン対フランス。この試合も予想が難しいのだけれど、決勝で、グループリーグ随一の試合となったイタリア対スペインの再戦を期待している僕としては、スペインを推さざるを得ない。

ドイツ対ギリシャは準々決勝で最も鉄板な試合。この試合をドイツが落とすことはちょっと考えにくい。なぁんて言っているとポロっとギリシャが勝ったりするからサッカーは面白いのだけれど、予想はやっぱりドイツ。

そして、イングランド対イタリア。スペイン戦を観る限りでは無敵なんじゃないかと思ったイタリアだが、バロテッリは不安定な状態で、それに加えて戦術も3バックと4バックの間で迷いが生じているようだ。一方のイングランドは守りを固めると無難に強い。イタリアとのディフェンシブな戦いになると・・・いや、イタリアはきっとスペイン戦で見せたような、超攻撃的ディフェンシブサッカーを見せてくれるに違いない。希望を込めて、イタリアの勝ちと予想。

この記事へのトラックバックURL