2012年07月23日

おおかみこどもの雨と雪

ピクサーのメリダを観たかったのだけれど、字幕版がほとんどやってない。やっと見つけたバルトは変な時間ばかりでなかなか観に行けそうにない。ということで、仕方なくこちらを観てみた。

ポスターのイラストだけで「うーーーん」という感じだったのだけれど、加えてタイトルも長ったらしくて。映画が始まっても背景の絵と人物のアンバランス具合が気になって、「失敗したかぁ。これなら吹き替えでもメリダを観るべきだったかなぁ」と思ったのだけれど・・・・。終わってみたら、さすがはサマーウォーズの細田守である、と思わされた。

映像のアンバランスさは最後まで一緒で、アスファルトの水膜とかが恐ろしいほどの表現力である一方、細田っぽい陰影のない顔がどうにも背景にフィットしない。が、そのせいか、本職ではない俳優をそこそこに集めた声優陣に全く違和感がなかった。もっと気になるものを配置することによって、相対的に別の違和感をなくすという高等戦術だったのかも知れない(笑)。物凄くリアルな部分、アニメっぽい部分、CGっぽい部分のアンバランス具合が逆に絶妙にバランスされている、という不思議な映像表現だった。

それにしても、久しぶりに映画を観て泣いてしまった。ガキのくせに・・・と。脱帽です。何しろ脚本が良い。ジブリの時代、宮崎駿の時代は、(宮崎駿の天才っぷりとは全く方向が異なると思うけれど)細田守に引き継がれるのかなぁ。ピクサーに完全にしてやられているここ数年の日本アニメ界だけれど、これなら太刀打ちできるんじゃないだろうか。

今年の夏は「ぱいかじ」で決まりかと思ったけれど、個人的軍配はこちらにあげちゃいます。超オススメで☆3つ。ただし、子供には難しいかも。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51351019