2012年07月30日

ロンドン五輪柔道の判定が非常に不安定な件

なんか、柔道を観ていると、審判の判断の不安定さが酷い。一番ひどかったのはこれだけど、

青3本が白3本に…海老沼の判定、ビデオで覆る
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/martialarts/judo/1/20120729-OYT1T00797.htm

審判が全員青(韓国選手)に旗をあげていたのに、審判委員の指摘で全員白(日本選手)に変わってしまうって、それじゃぁ審判の存在意義ってなんなの?という感じ。お前らは何を見ていたんだ、と。やっている選手が可哀想だ。

この試合の主審は「日本人選手に旗をあげない」という説もあったようだけれど、試合ではこの主審が有効を取ったのに、審判委員が取り消したりもしていて、主審が日本嫌いということではないと思う。単に下手なんじゃないかと。

柔道の判定って主観によるものが大きいし、過去にも大きなミスジャッジがあったりしているので、審判委員がきちんとビデオでチェックするのは良いんだけれど、それにしても、もうちょっとしっかりしてくれないとなー、と思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51352140