2012年09月10日

一幻

12_09_12_1584


池袋東武のスパイスにあるラーメン漫遊記(だっけ?)に新しく入った「一幻」で食べてみた。海老そばと言えば「縁や」がラ博のイベントで出品したのが印象的だったけれど、その後もいくつかのお店で同様の提案があって、今となってはそれほど珍しいわけでもない。以下、評価。

名称:一幻
種類:北海道
場所:池袋
評価:5/ABC
2012.9.10
コメント:メニューはベースのスープを「そのまま」か「あじわい」から選択する。そのままはえびの風味を活かしたストレートスープ、あじわいはとんこつをブレンドしたものとのこと。文字だけ見てもどちらが良いのかさっぱりわからないので、「そのまま」を選択。さらに味噌、塩、醤油から選択するのだが、ここでは味噌を選択。

スープはエビが前面に出たもの。ベースのスープはとんこつだと思うけれど良くわからない。これに味噌の味が加わっているのだけれど、エビが大好きなら美味しいと思うかもしれない。ラーメンのスープとしては、うーーん。これ、エビのスープだよね(^^;

麺は角が立ったタイプの札幌ゴム麺。こちらはかなり出来が良い。でも、スープにはイマイチフィットしていないのが残念。

チャーシューは凡庸な普通の肉なので、わざわざトッピングする価値はない。

“自称”札幌新名物だそうです(笑)

この記事へのトラックバックURL