2012年10月08日

アウトレイジ ビヨンド

「アウトレイジ」の続編なので、前作は必見である。おおまかな人間関係だけでも把握しておかないと、この映画をちゃんと楽しむことはできない。

例によって、出てくるのは悪い奴らばかりである。こいつらが笑っちゃうくらいに悪い奴らなので、観ていてあちこちで笑ってしまう。一方で、前作ほどではないものの、イタタタタ、という場面もあって、痛みに弱い僕はちょっと辛かった部分もある。

ストーリーは非常に単純で、分かりにくい部分もなく、レールに乗ってまっしぐらに走っていく感じだ。すっかり恰幅が良くなった三浦友和を始めとして、役者たちもみんな芸達者。演出にも不自然なところがないので、ストレートに楽しめる作品になっている。だけど、何か教訓が得られるとか、感動するとか、そういった映画ではない。何を目指して作られているのかは正直良くわからない。ヤクザって、こんなにろくでもなくて、しかも殺されちゃって、全然良いことないんだぜ、ということだろうか。

撮影技術的には凄く凝っていて、映画のお手本みたいに感じられる。あー、こういう意図があるときはこういうアングルで撮るのか、画面に奥行きを出したい時はこういう配置にするのか、などなど。そういった細かい配慮がわかりやすい。

役者がうまくて、脚本が結構いけていて、撮影も良い。おかげで普通に面白いけれど、それだけの映画。いや、ジョーズもスター・ウォーズもそういう映画だから、別にこれでも良いんだけれど。ヤクザ映画が好きならオススメ。

評価は☆2つ。可愛いお姉ちゃんがほとんど出てこない(笑)。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51363880