2012年11月18日

アルゴ

argo


1979年のイラン革命の際、アメリカ大使館から脱出してカナダ大使公邸に匿われた6人の外交官をイランから国外に脱出させるために、「アルゴ」という架空の映画製作をでっちあげる、という映画。

映画の冒頭、イラン革命について非常に簡潔に説明し、同時に当時の緊迫した状況を伝える部分がまず素晴らしい。その後も、無用な残虐シーンなしに緊張感を維持していく脚本が良い。ただ、緊張しっぱなしというわけでもなく、きちんと抑揚がある。このアップダウンによって、観客を飽きさせることがない。

イランサイドにも若干の配慮を見せつつ、それでいて米国寄りな立ち位置は仕方ないところなので、そういう(米国サイドの)映画と思いながら観る必要はあるけれど、それ以外ではほとんど欠点が見つからない。エンドロールも含め、最後の最後まで楽しめる。また、時々「原作を読んでいれば楽しめる」とか、「歴史を詳しく知っていれば楽しめる」という映画があるけれど、この映画についてはCIAがどういう組織なのかとか、カーターやホメイニ師が誰なのかとか、イランがどこにあるのかとか、アラブ諸国の特徴ぐらいの知識があれば十分。あとはちゃんと映画の中で説明される。このあたりも良くできている。

エンドロールの終盤で「こういう映画にちゃんとした字幕を付けられる人は松浦美奈さん以外で知らなかった。誰が書いたんだろうね?覚えておこう」と話していたら、松浦さんだった。時々思うのだけれど、「松浦美奈が字幕を書いている映画を観る」という選び方もありだと思う。もし「今後の松浦美奈字幕作品」を調べることができるサイトをご存じの方がいたら、ぜひコメント欄でお知らせください(^^

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51370590