2012年12月07日

目黒屋

12_12_04_1988


名称:目黒屋
種類:東京西部
場所:馬込沢
評価:4/BBB
2012.12.4
コメント:麺は中くらいの太さのストレート麺。コシはあるけれどスープの絡みは悪い。麺の表面に水の膜ができていて、これがスープの絡みを悪くしている感じがある。

スープは豚骨ベースの魚介強めの醤油味。濃厚タイプのスープにもかかわらず無化調ラーメンにありがちな味の足りないもの。実際に無化調なのかは不明だけれど、ここまで濃厚なら味をもっと強くする必要があると思う。

チャーシューは半生の豚肉。火がしっかり通っていないので歯で噛み切るのに苦労する。これはこれで構わないけれど、それならもう少しサイズを小さくして欲しい。肉は味がほとんどついていないので、これはうまいと褒めるほどではないが、肉が大好きなら悪くないかもしれない。

ところで、この店が面白いのはラーメンではなく、つけ麺。驚いたことに、お湯に入った状態で提供される。

12_12_04_1989


普通に考えると麺が伸びてしまうのだけれど、意外と麺の劣化はそれほど感じられない。ただ、当然のごとく、つけダレは薄まる。こちらはさすがに弱点をクリアできないようだ。それにしても、みんな色々考えるねぇ。

店名 つけ麺目黒屋
TEL 047-430-5005
住所 千葉県鎌ケ谷市馬込沢3-22
営業時間 [月〜金]11:30〜14:00 18:30〜21:00 [土・祝]10:45頃〜15:00
定休日 日曜日

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51373516