2013年01月22日

初春大歌舞伎

ちょっと思い立って「初春大歌舞伎」を観てきた。

13_01_22_2257


15列目のど真ん中だったのだが、歌舞伎はこのくらいの距離がちょうど良い気がする。観たのは昼の部で、「寿式三番叟」「菅原伝授手習鑑」「戻橋」「傾城反魂香」の4本だった。

歌舞伎初心者の僕にはどれも面白くて、早く時間とお金がある身分になって、毎月これを観に来たいなぁと思った。でも、多分、次に観に来るのは半年後ぐらいになるんだと思う。

26日まで。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
古い言葉で、芝居を観るには「とちりがいい」というそうです。
1列からいろはにほへ、とちり、の列の席のこと。
15列目なら大体このあたりですよね。
個人的には舞台面がみえるもう少し後ろのほうが、私は好きですけどね。
Posted by M at 2013年01月24日 20:49
とちりだと、7〜9列ですよね?僕が観たのはもうちょっと後ろでした。後ろの通路が、後ろ5列ぐらいだったかな?
Posted by buu* at 2013年01月25日 18:10
わぁ!今さらですけど、見に行かれたんですね♪
この演目で面白いって思えたのなら、バッチリです(笑)
安い席もいっぱいありますから、是非はまってください(*^m^*)
Posted by jyako at 2013年02月09日 00:24
> この演目で面白いって思えたのなら、バッチリです(笑)

なんと、マニア的にはイマイチなんですね(^^;

> 安い席もいっぱいありますから、是非はまってください(*^m^*)

わかりました。舞台に女性がいないのは残念ですが、下手な芝居を観るよりはずっと面白いので、時々観に行きたいと思います。
Posted by buu* at 2013年02月09日 11:47