2013年02月13日

ムーンライズ・キングダム

moonrise


問題児同士のカップルが大人や仲間から逃げ出して、海岸や森の中を歩きまわり・・・という映画。

米国での評価が非常に高く、はて、どんな感じなんだろうと期待して観に行った。しかし、残念ながら僕の感性の引き出しの中には、この映画を面白いと感じる要素はほとんど存在していなかった。映像表現の独自性には面白いところもあったけれど、それは10分ほどで慣れてしまった。あとはラストまで退屈で、眠気との戦いとなってしまった。ほんの数回、くすくすっと笑ってしまう場面はあったけれど、これに比較すれば笑える映画は世の中に山ほどある。

セリフが少なく、その分音楽を鳴らしっぱなしで、BGM付きの絵本を読んでいるような映画。脚本は雑だし、そもそも何を表現したいのかがさっぱり伝わってこない。僕には全く響きませんでした。

これ、本当に面白いの?

でも、「アウトレイジ」や「冷たい熱帯魚」みたいな映画を全く受け付けない人もいるだろうし、やっぱり人それぞれということなんでしょうね。

評価は☆ゼロ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51383038