2013年03月03日

ガンコンヌードル

13_03_02_2412


名称:ガンコンヌードル
種類:東京
場所:駒込
注文:醤油ラーメン チャーシュー2種
評価:6/ABB
2013.3.2
コメント:麺は細めでほぼストレート。油断しているとのびてしまいそうな麺なので、モタモタせずにさっさと食べてしまった方が良い。スープの絡みは良好で、この手の麺にありがちな臭みなどはない。

スープは鶏ベースの醤油味で、オーソドックスな東京ラーメンである。そして、無化調ラーメンにありがちな、麺を食べさせるだけのパワーがないのも同様である。非常に丁寧に作っているのは伝わってくるのだが、ラーメンという食べ物をここまで繊細に作ってしまうと、どうしても力強さに欠けるものになる。これは多くの無化調ラーメンに共通の弱点だが、それを克服している店も少ないながらも存在することから、対策を考えて欲しいところである。スープ表面の脂は低温にしてあるようで、一口スープを飲むとぬるい感じだったのだが、良く混ぜたら適温になった。

チャーシューは二種類あるようだったのでトッピングしてみたら、普通のバラ肉と、低温処理されたロース肉だった。後者は最近都内で頻繁に見かけるのだが、この店のは噛み切れないようなことはなく、普通に食べることができた。しかし、ラーメンの丼の中では、調和こそ乱さないものの、特別な存在感を見せるわけでもなく、なぜわざわざこういう調理法を採用するのか理解に苦しむ。バラ肉のチャーシューは普通に美味しいレベルだった。

この記事へのトラックバックURL