2013年03月12日

麺屋 白神 池袋店

また池袋にラーメン屋ができたので、早速食べてきた。以下、評価。

13_03_11_2477


名称:麺屋 白神 池袋店
種類:独自
場所:池袋
注文:得製 白エビラーメン
評価:3/ACB
2013.3.11
コメント:麺は中位より若干太いかな、という縮れ麺。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは豚骨・鶏ガラブレンドの濃厚タイプで、白海老の風味を強めに効かせたもの。これだけ書くととても美味しそうなのだが、味がスカスカでビックリした。全くと言っていいほどに塩気がないのである。無化調ラーメンに良くある味の足りないラーメンに似ているのだが、この店の場合は足りないのが「旨味」ではなく「塩気」なのが特徴的である。残念なことにベースのスープが濃厚なので、塩気が足りないことが一層際立つ。一緒に行った人間は「逆にしょっぱいくらいだった」というので、もしかしたらカエシを隣の丼に2倍いれたのかもしれないが、とにかく塩気がなく、テーブルの上の調味料を探し始めてしまう有様だった。

チャーシューは薄味の煮豚。スープに味がないので、チャーシューも無味。ただ、肉質は良かった。

麺の量がかなりあって「食べ応えがあるなぁ」と思っていたら、一緒に行った人間は大盛りなのに少ないと言っていた。もしかしたら並と大盛りも間違えたのかもしれない。そう思って見ていると、チャーシューを切っている店員の包丁さばきは素人丸出しな感じで、スピードも遅ければ、チャーシューのサイズもバラバラだし、おまけに包丁を上から下へ押し付けるように切っている。これは面妖な、と思って店内を見回すと、細長い店の両端に券売機と両替機が置いてあって、1万円札を両替しようと思ったら、狭い店内を、9人の後ろを通って一番向こうまで行かなくてはならない。これでは店としての体をなしていない。うーーん、と考え込んでいたら、今度はお客さんに店員が「そこに並んで下さい」「そこじゃなくて、こっちでお願いします」「もうちょっとこっち」と、横柄に指示を出し始める始末である。良く見ると、カウンターには「半年の期間限定出店」の旨が書かれていた。ははぁ、地元で有名な店が担当者を数名派遣して、バイトでいい加減な店員を集め、期間限定で出店、評判が良ければ近所に店を構えるという戦法なのかも知れない。いわば、アンテナショップだ。

本店のレベルは不明だが、ラーメン屋としてのレベルは味、機能ともに低いので、二度と行かないと思う。本来なら「オペレーションが安定した頃に再食」とするところだけれど、半年でなくなるならそんな対応をする義理もない。早く半年が経過して、次の店に入れ替わるのを待つこととしたい。

ちなみにこちらはサービスのラーメン雑炊。スープをかけて食べるスタイル。

13_03_11_2478


もちろんスープに味がないので、こちらもイマイチ。

店名 白神 東京池袋店
TEL 0575-25-0656
住所 東京都豊島区南池袋1-24-5
営業時間 11:00〜14:00 17:30〜22:00
定休日 年中無休

「ラーメン屋絨毯爆撃 池袋編」は、次回の改訂で2月26日に閉店した「椿」を「閉店アーカイブ」に移動し、「灰汁美」(適正価格300円)、「白神」(適正価格300円)を追加する予定です。改訂が完了した時点でブログ、Facebookページ、Twitterなどでお知らせします。



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ラーメンバンクのなるさんが、此方と本店の両方共召し上がって、大変がっかりされてました。(^◇^;)
Posted by トミ at 2013年04月10日 12:27
> ラーメンバンクのなるさんが、此方と本店の両方共召し上がって、大変がっかりされてました。(^◇^;)

なるさんって、誰ですか?
Posted by buu* at 2013年04月10日 12:42