2013年03月16日

横浜から川越市が電車一本の時代

多分、日本中の人間の中で、僕は東横線と副都心線が直結したことによって一番メリットを得た人間のうちの一人だと思う。朝霞と横浜・桜木町・関内で仕事をしているのだから。

13_03_16_2492


最初は、東上線、山手線、京浜東北線というルートだった。次が湘南新宿ラインの利用。エフヨコはランドマークタワーにあったので、それでも桜木町に行くのはちょっと面倒だった。次の時代は副都心線が開通したときで、これを機にJRの利用から東横線の利用に切り替わった。そして、今回の副都心線・東横線の乗り入れである。横浜から朝霞台まで70分かからないって、これは素晴らしい。

いやー、便利になったものだ。が、今日も「○○駅で車両点検がありましたので、電車に遅れが出ております」という案内。湘南新宿ラインと一緒で、これからは車両トラブルや人身事故による遅延が増えるんだろうなぁ。

この記事へのトラックバックURL