2013年03月22日

会田誠展 天才でごめんなさい

いつでも良いと思っていると、いつまでも行かない典型で、でもさすがに今月末までなので、よっこらせと、重い腰をあげて観てきた。

13_03_22_2501


ミュージアムは平日というのに結構な人で、フェルメールでもあるまいに、でも会田さんもメジャーになって素晴らしいなぁ、と思いつつ52階に行ったら、エレベーターに満員に乗っていた僕以外の全員がミュシャ展に行くという波乱のスタート。

入り口にはご丁寧に、「刺激が強くてゴメンナサイ」という注意書きまである。

13_03_22_2502


そんな、「勢いだけでやっている人」(山口晃談)の展覧会に上品なものを期待する奴はいねぇだろぅよ、と思いながら、展示室へ。大物の半分以上は観たことがあるものだったけれど、やっぱり「ジューサーミキサー」や「大山椒魚」は好きだなぁ。

あ、遅く行ったせいで、「あぜ道」は展示が終了していてちょっと悲しかった。

全展示の中でひとつだけ撮影可の作品があったので、ちょっと一枚。
13_03_22_2503

作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


この展覧会で「会田誠:平成勧進プロジェクト」っていうのを知ったんだけど、3月17日までに申し込んでいれば、招待券を2枚もらえたらしい。

http://www.mori.art.museum/contents/aidamakoto/sanka/index.html

うーーーん、手遅れ感一杯である。なんでみんな揉めてることばかり報じて、こういう重要なことを教えてくれないのかと、小一時間問い詰めたいところだけれど、僕が情報弱者なのが悪いですね、はい。

ところで、その"ポルノ被害と性暴力を考える会"の抗議だけど、

http://paps-jp.org/action/mori-art-museum/group-statement/

まー、色々大変だなぁ、と。アートの解釈は色々だからねぇ。僕は全然問題だと思わなかったし、エロですらなかったと思うけれど、人は人、自分は自分、ということで。明日の夜中に1,000円で観ることができるみたいですよ(笑)。

六本木アートナイト

この記事へのトラックバックURL