2013年06月29日

自民党ネットメディア局の馬鹿が馬鹿発見器により発見された事例

以下、東京新聞の記事を抜粋。

中継会場で討論を聞いていた平井氏は、社民党の福島瑞穂党首が冒頭発言した際に「黙れ、ばばあ!」、日本維新の会の橋下徹共同代表の欠席が伝えられた際には「橋下、逃亡か?」などとスマートフォンで書き込んだ。一方、安倍晋三首相の発言に対しては「あべぴょん、がんばれ」など肯定的なメッセージを送っていた。


出典:自民・平井氏ネット党首討論に投稿 福島氏に「黙れ、ばばあ」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013062902000121.html

とのことだけど、

 平井氏は本紙の取材に「申し訳なかったが、(国会の)やじみたいなものだ。画面には流れていなかったはずだ」と述べた。


現場にいたなら、誰が発言しているかの特定が容易な分だけ、むしろやじの方が良かったよね。内緒のつもりで書いていてバレた今回が一番恥ずかしい。

それで、さらに味わい深いのは、この平井卓也衆院議員、Twitterでこんなご立派なことを書かれているのです。





インターネットがストックメディアであることの好例ですなぁ。折角僕が「政治家向けネット利用のTIPS」というエントリーで

あとで天に唾を吐いていたなどとならないように。


とアドバイスしたのに全然意味がない(^^;。


この馬鹿が自民党のネットメディア局長だそうで、自民党のレベルもこの程度、ということのようです。

#ユーザーが特定されたのは、馬鹿発見器Twitterとニコ生を連動させていたからのようです(笑)

ネット選挙が解禁になって、こういう馬鹿の発見事例がますます増えていくことでしょう。期待が持てますね(^^

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51400657