2014年01月05日

天琴

熊本ラーメン取材二軒目は天琴。熊本ラーメンの老舗である。以下、評価。




名称:天琴
種類:熊本
場所:山鹿
注文:ラーメン
評価:6/BAB
2014.1.5
コメント:熊本には3つの天琴がある。それらは玉名、山鹿、人吉にある。もともと、久留米にあった三九ラーメンをルーツとし、そこから暖簾分けしたのが玉名店、その兄弟の店が山鹿店、そして、玉名店で働いていた人が暖簾分けしたのが人吉店とのこと。これが熊本ラーメンのルーツとも言われている。

麺は細めのストレートで、このあたりが熊本よりも福岡の気配を感じさせる。かなり柔らかめだが、黙々と調理しているご主人と、テキパキと客をさばくフロアの年配女性は非常に話しかけづらく、麺硬めで注文できる雰囲気ではない。スープの絡みは良好だが、コシが弱いのはちょっと残念。少なくとも最近はやりの麺ではない。

スープは豚骨ベースの白湯塩味。しっかり煮出されたスープでコクが楽しめる。こういうスープを飲むと、全く味がないスープの九州ラーメン店に行列している人に飲ませたくなる。豚骨ラーメンのお手本のようなスープである。

チャーシューは普通に美味しいレベルの煮豚。かなり薄切りで量的には少量だが、600円のラーメンに過度な要求は野暮というものだろう。

老舗のラーメン専門店らしく、世間の流行とは無関係に自分の道を突き進んでいる感じである。

店名 天琴ラーメン
TEL 0968-43-2696
住所 熊本県山鹿市山鹿1509
営業時間 11:30〜15:00 16:00〜19:30
定休日 水曜日

  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51424166