2014年01月10日

米屋

このブログの「日本一◯◯なラーメン屋」コーナーに登場確実なお店である。

何しろ、見た目が凄い。










もう、店構えが客の入店を拒否している。一体、誰がこの店で食べようと思うのか。誰も思わないだろう。と、思ったらさにあらず。僕が入店した時はほぼ満席。僕が食べている間にもひっきりなしに客が入ってくる。立派な繁盛店なのだ。館林、恐るべし。ちなみに凄いのは外観だけではないです。店内も凄い。理由は不明だけど、ペン立てが置いてあって、中には爪切りが入っている。ゴルフのクラブが無造作に何本も立てかけてある。お店の人は、普段ここで生活しているんだろうか?カウンターのテーブルは傾いていて、スープがこぼれてしまいそうだ。



この奇妙な見た目のラーメン屋、以下、評価です。

名称:米屋
種類:塩
場所:渡瀬
注文:塩、麺硬め
評価:8/AAC
2014.1.10
コメント:麺は細めのストレート。硬めで頼むとコシ、スープの絡みともに良好。余計な雑味が一切感じられない良品である。

スープは鶏ベースの塩味。やや魚介系のダシが強い気もするが、塩ラーメンとしてはかなりハイレベル。

チャーシューはちょっとスジが残っているのが気になるが、味や味付けは良い。

店の見た目からは想像もできないような完成度の高さである。

店名 米屋 (よねや)
TEL 0276-75-1815
住所 群馬県館林市大新田町345-6
営業時間 12:00〜13:30 18:00〜21:00
定休日 火曜・第1日曜

この記事へのトラックバックURL