2014年01月17日

麦子さんと

ほとんど生き別れ状態だった母親と娘を描いた作品。過去の母親のシーンで兄が全く登場しないという不自然な描写があったり、ボーリングの投球シーンでカットの前後に不整合があったり、田舎の景色が明らかに山の街なのに何故かすぐそばに海があったりと、ツメの甘い部分もいくつかあったのだが、基本的にはほとんどの役者がそつなく演じていて、良い感じに仕上がっている。

普通、小説でも映画でも、描かれるのは「喪失と再生」で、大抵の作品では何かを失った悲しみから立ち直るところで終了する。顕著な例が村上春樹の「ノルウェイの森」だが、この作品の主人公にはそもそも「喪失感」がない点が新しくもあり、今どきでもある。これ以上は映画のラストにも関係するのでここには書かないけれど、良いストーリーだったと思う。

一番良かった役者は余貴美子で、脇役ながらも絶大な存在感だった。他の役者も健闘していて、「ちょっとねぇ」というのはガダルカナル・タカぐらいだろう。堀北真希は、以前はただ可愛いだけ(とはいえ、尋常ではない美少女だったが)の女優だったけれど、「白夜行」あたりからだいぶ女優っぽくなってきていて、本作ではほとんど違和感がなかった。

それにしても、海無し県の山梨県でほとんどの場面を撮影しておいて、なぜ海の場面を無理やり挿入したのか、意図不明である。富士山を除いて、海を追加することに寄って、設定されている地域を不明確にしたかったのだろうか??

評価は堀北真希の可愛さに☆半分おまけして☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL