2014年02月03日

土竜の唄

試写会で鑑賞。

作品数が非常に多いので、当たり外れの落差が大きい三池崇史監督作品。僕の感覚では7-3で失敗作が多いと思うのだが、本作は当たり。

冒頭、漫画調で始まって非常に不安になるのだが、そこから先はノンストップ。途中で息切れを起こすのがいつものことになっているクドカンの脚本も、本作ではラストまで一気に駆け抜けている。監督、脚本家、原作者の相性が良いのだろう。おかげで、主要な関係者が楽しんでやれたんだと思う。

最近、ぶっ飛んだ役が多い堤真一はともかく、生田斗真がここまでやるとは思わなかった。

ときどき出現するのがコミックムービーの当たり作品だが、これも間違いなくその一つ。漫画はまだまだ終わる気配がなく連載中なので、沖縄が舞台になりそうな次回作も楽しみ。僕としては漫画よりも映画の方が面白かった。評価は☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL