2014年02月08日

本家 第一旭 たかばし本店

たまには京都でラーメンでも食べるか、と思い立ったのだが、杉千代やしるそばたかはなくなってしまったし、天一や新福菜館は今更という感じがする。営業時間や次の電車の時間を考えて、駅のそばの第一旭に行くことにした。以下、評価。



名称:本家 第一旭 たかばし本店
種類:京都
場所:京都
注文:ラーメン 麺硬め
評価:1/CCB
2013.2.8
コメント:麺は中位の太さのストレート麺。麺硬め指定でもちょっとコシが足りないと思ったのだが、もしかしたら麺硬めのオーダーは通っていなかったのかも知れない。麺のコシが足りないことに加えて、麺にスープが全くと言っていいほどに絡んでこないのが残念だった。おかげで、味が感じられない麺を食べる羽目になった。しかも、サービスなのか、麺が非常に多いので食べ切るまでに飽きてしまう。

スープはトンコツや豚肉などを中心にダシをとったと思われる醤油味。脂が多い上にダシが弱いので、味が感じられない。スープだけで飲んでも薄口なので、これでは麺を食べさせるだけのパワーがないのは当たり前である。素人がラーメン屋を始めようとすると、こういう麺とスープの一体感が感じられないラーメンを作ってしまうものだが、創業50年以上の店でもこれというのはちょっと意外な感じがする。単に、場所が良いだけかも知れないのだが。

チャーシューはこれまたほとんど味のない煮豚。肉質は標準的なので一応全部食べたけれど、食べていて嬉しくなるような要素は皆無。

注文係がメモも取らずに一度に四人分ぐらいのオーダーを取って行ったので、昔の六角家のパフォーマンスみたいだな、と感心していたら、麺硬めのはずがネギ多めになっていた。

色々と残念な店だった。

店名 本家 第一旭 たかばし本店
TEL 075-351-6321
住所 京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
営業時間 5:00〜翌2:00
定休日 木曜日

この記事へのトラックバックURL