2014年02月11日

舛添新東京都知事が駄目な奴なんだろうな、と推測する理由

都民じゃないので選挙自体には全く興味がなかったが、結果と新知事の姿勢には多少興味がある。

ちょっと気になったのは東京五輪に対する舛添氏のこの考え方。

「都民の全員参加としてボランティアガイドなどをお願いしたい」
出典:「東京都知事選」候補者 政策ごとのスタンスは <東京五輪への対応>
http://thepage.jp/detail/20140204-00000001-wordleaf

僕の立ち位置は「ボランティアという考え方は、例えば東北地方太平洋沖地震のような不可避な状況においてのみ採用を考慮すべき最後の手段である。多くのケースでその本質は弱者の「やる気」につけこんだ労働力の搾取で、最も浅ましい行為である」というもの。

#ちなみに2002日韓ワールドカップでボランティア経験済み

最近では、日の出テレビのふくだ峰之キャスターが当選後もサブキャスターをボランティアで使っていることを批判したけれど、東京五輪だって前もって開催がわかっているのだから、そこに予算の手当をしないというのは解せない。「ただでもやりたい人がいるんだから、やってもらえば良いじゃないか」という腹積もりだろうが、これが成立するならスチュワーデスもテレビキャスターもやりたい人がたくさんいそうである。「いやいや、そういう職業はちゃんとした訓練が必要だし、誰でもできることじゃないから」という反論がありそうだが、五輪やワールドカップで必要とされる労働は、「誰でもそこそこできてしまうような仕事」だからこそ、一層、賃金を支払う必要があるのだ。

対価が支払わなければ弱者の生活はちっとも改善されず、デフレを助長するだけで経済はちっともまわらない。五輪というテンポラリーなイベントであっても、一定量の労働が必要とされ、雇用が発生するのだから、少しでも「仕事」を提供すべきなのに、「タダ働きしろ」という。こういうアイデアが、元厚生労働大臣の口から出ていることは注目に値する。この一つを以って、新東京都知事は駄目な奴なんだろうな、と推測する次第。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
能力以前に、自分は副部長代理補佐(仮)みたいな、見た目やたたずまいが、
どうしてもダメです。
語学も堪能、とされていますが、
ことフランス語に関しては、話している所を見る限り、あれでは相手に通じてないと思われます。
Posted by カツ/鰻 at 2014年02月12日 22:40
> 能力以前に、自分は副部長代理補佐(仮)みたいな、見た目やたたずまいが、
> どうしてもダメです。

まず、高須先生に相談ですね(笑)

> ことフランス語に関しては、話している所を見る限り、あれでは相手に通じてないと思われます。

フランス語はわかんないからなんとも言えませんが、やっぱ、見た目や語学よりも、日本の労働環境改善にあたる組織のトップを経験しておきながらボランティアに頼ろうとしているあたり、こいつは何もわかっていないし、学習もしない馬鹿なんだろうな、と感じます。
Posted by buu* at 2014年02月13日 13:04