2014年02月25日

井関屋

とんかつを食べに行ったら、ラストオーダーの30分以上前にも関わらず終了していた。プロ意識の欠如した店だなぁ、と立腹しつつ、近所のカレー屋に行ったら、こちらも閉店時間前に終了済み。御茶ノ水界隈はこういう店が多いんだろうか。

仕方なしに、ずっと遠巻きに見るだけだった井関屋へ行って、一杯。以下、評価。



名称:井関屋
種類:東京
場所:小川町
注文:肉そば
評価:5/BBA
2013.2.25
コメント:醤油ベースの中華そばと、味噌ベースの2パターンを用意しているのだが、麺は中華そばだと細麺、味噌だと中位の太さになる。スープによって麺を変えるのは普通の工夫だが、茹でるのにかける時間がほとんど変わらないため、中華そばの麺は柔らかすぎてコシが足りない。味噌は普通に茹で上がっているので、こんなことなら麺を変えるとか、余計な工夫はしなければ良いのに、と思う。多分、味を作った人と、実際に厨房で調理している人が違う人で、味を作った人の意匠を全く理解していないのだろうと推測。

スープはトンコツ鶏ガラブレンドの醤油味で、なかなか美味しいのだが、脂が多すぎて若干味がぼけてしまっている。脂のせいで味が足りなくなるのは店のサイドでも自覚しているのか、デフォルトでもやや塩分が強めだし、テーブルの上にはご丁寧に調整用のタレが用意されている。早速試してみたけれど、味が足りないのは調味タレで調節できるものではないようだ。それなら最初からもう少し脂を少なめにすれば良いのに、と思わないでもないのだが、脂をたっぷり入れたくて我慢できないのだろう。健康には悪そうなスープである。

チャーシューはバラ肉の煮豚だが、脂の部分が多すぎることはなく、味付けも良い。これはトッピングする価値がある。

このあたりはいくつか優良店があるし、その他にもラーメン以外で美味しい店がたくさんあるので、わざわざこのレベルのラーメンを食べる意味はない。とはいえ14時過ぎでもやっていたことは素直に評価できるので、辛味噌のレベル5(一番辛い)を食べにもう一度来てみても良いかも知れない。

店名 井関屋
TEL 03-6206-8756
住所 東京都千代田区神田小川町1-6-2
営業時間 月〜金 11:00〜23:00 土・日・祝 11:00〜21:00
定休日 不定休

この記事へのトラックバックURL