2014年03月05日

アナと雪の女王

frozen


試写会で、2D字幕版を鑑賞。

原題「Frozen」が「アナと雪の女王」になってしまうあたり、映画関係者は「◯◯と◯◯の◯◯」や「◯◯の◯◯の◯◯」と3つの単語を並べる語感が大好きなんだろう。しかし、残念ながらこの映画ではイマイチ内容を正確に表していない。名前を出すならせめて「エルサとアナ」だろう。エルサが雪の女王になってしまったために、タイトルでいきなりネタバレしている。これだけで映画の価値がワンランク落ちてしまった。

子供向けということなのか、ストーリーはストレート、演出はダイレクト。PIXARが時々見せる(例えばモンスターズ・インクのラストシーン)奥ゆかしさが全くない。ぬいぐるみ化されて物販につながりやすそうな雪だるまが大活躍するところもさすがはディズニーという感じだ。

肌や髪の質感は随分進歩したと思う。雪の世界の表現は見事だったのだが、ラストシーンだけは背景に全く動きがなく不自然だった。あと、クライマックスシーンの展開は何の伏線もなかった(と思う)ので、ちょっと違和感が残った。子供なら何ごともなくスルーするだろうが、大人が観ると「あれ?」という感じだと思う。

ミュージカルを無理やり日本語化している吹き替え版は不自然。日本語の方が音節が少ないことが多い(例えば「絵」と「picture」みたいに)ので、歌詞が間延びしてしまう。大人なら字幕版で観た方が良いと思う。

日本語化はタイトルを含め微妙だが、子供向けには良くできていると思う。個人的には「塔の上のラプンツェル」の方が好きだが、そちらはアカデミー賞で歌曲賞にノミネートされただけ(同年の長編アニメ映画賞受賞作品は名作「トイ・ストーリー3」だったので仕方がないがノミネートすらされていない)。こちらは長編アニメ映画賞と歌曲賞を受賞したので、世の中的には本作の方が高評価なのかも知れない。

評価は☆2つ。字幕版なら☆2つ半にアップする可能性がある。

この記事へのトラックバックURL