2014年05月29日

青天の霹靂

芸人が映画監督というのは珍しくなくなってきたけれど、玉石混淆で、どちらかというとハズレが多い印象がある。この映画もハズレかなぁ、と思いつつ鑑賞。結論から言えば、アタリ。

内容はありがちなタイムスリップもの。特にこれといったひねりはないのだが、普通に良い話に仕上がっている。

劇団ひとりは相当に映画が好きなようで、脚本だけではなく、カット割りやカメラアングルなどにもこだわりが見て取れる。あぁ、ここでセンスを主張したかったのね、というのが時々感じられ、若干技工に走りすぎな気配はあるものの、嫌味というほどではない。ちょっと残念なのは、どれもこれもがどこかで観たことのある技法だということで、劇団ひとりオリジナルの絵作りとか、個性は感じられなかった。しかし、これが監督デビュー作ということならまずは先達の技術に学ぶのは当然で、それらを上手に取り込んでまとめていたと思う。

一番良かったのは、誰が使っても「眉間にしわを寄せた不機嫌な女」にしかならなかった柴咲コウをかわいい女として撮ったことだと思う。

「こういうラストなら、タイムスリップする必然性がないじゃん!」とは思うし、ラスト直前までが一番印象が良くて、ラストで一段階、見終わってしばらくしてもう一段階評価が下がってしまう映画ではあるけれど、お金を払う価値はあると思う。評価は☆2つ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51441981