2014年05月30日

中川知洋さんの「ひっそり」が到着

先月、「うちにやってきたら紹介する」と書いた中川知洋さんの「ひっそり」が我が家にやってきた。



















誰が見ても「えっ?何?」と惹きつけられるようなインパクトがあるところがナイス。ひとつひとつ、作品に合わせた箱に入っているのも素晴らしい。トイレに飾っておこうと思ったのだけれど、一日に1、2回しか見ることができないのはもったいない。もっと良く見る場所に飾ろう。

ここ数年、万画廊さんと仲良くしてもらっているおかげで、我が家には若手のアート作品が随分増えた。自分も楽しいし、「購入」という手段で若手芸術家を応援することもできる。これまでもピンズやら時計やら色々なものをコレクションしてきたけれど、こうしたアート作品は、目の前に生きている作家さんがいて、彼らとコミュニケーションしながら作品を楽しめるのが良い。そういう出会いを作ってくれている画廊の伊藤さんは凄いなぁと思うし、これからもいろんな作品との出会いの場を創ってもらいたいと思うのだけれど、このブログを読んでいる人たちにも、ぜひこうした趣味を楽しんでもらいたいなぁ、と思う。

見て、話して、買って、いつも一緒に生活できる。しかも、次の世代を担う若い人を応援までできちゃう。ちょこっとお金があるなら、良い飲み屋やフレンチで食事も良いけど、たまにはアート作品などもどう?

TOMOHIRO NAKAGAWA Web Site
http://bon.ciao.jp/index.htm

万画廊
http://www.yawoyorozu.com/

この記事へのトラックバックURL