2014年06月28日

残業代ゼロ(ホワイトカラー・エグゼンプション)に関する整理

残業代ゼロ(ホワイトカラー・エグゼンプション)法案が閣議決定したわけだが、こんな記事があって、あんた、ばかぁ?という感じである。

残業代ゼロ 反対53% 長時間労働拡大に不安
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014062902000116.html

新聞記者はわかって書いているんだろうが、一応、整理だけしておく。

まず、現在の法制度では、自律的な働き方を支援するための労働時間制度として、フレックスタイム制(労働基準法第32条の3)と裁量労働制(労働基準法第38条の3及び第38条の4)が存在する。

この2つのうち、より柔軟性に富む裁量労働制は、"実際の労働時間の多寡にかかわらず当初に労使で決めていた時間を労働したとみなす制度(みなし残業時間)"だが、労働時間規制そのものの適用を除外するものではない。また、導入する際にはかなり面倒な導入要件がある(法律を骨抜きにするために山ほど)。

ホワイトカラー・エグゼンプションは、現行法でいう「管理監督者」(労基法41条2号、いわゆる管理職とは異なり、会社の経営方針の決定に参画し経営者と一体とみなされる立場の者)のように、労働時間規制そのものの適用が除外される制度で、管理監督者に該当しなくとも、一定の要件を満たす労働者や、これまで管理職というだけで労基法上の管理監督者扱いをされてきた労働者にも適用可能である。

一方、今回閣議決定されたホワイトカラー・エグゼンプションには、裁量労働制のような対象業務の限定や厳格な導入要件がない。労使委員会の決議と本人同意があれば、管理監督者の対象になる手前の労働者にも労働時間規制の適用を除外できる。

国会審議段階での基本事項は次の3点となっている。

1.希望しない人には適用しない
2.職務の範囲が明確で高い職業能力を持つ人材に対象を絞り込む
3.働き方の選択によって賃金が減ることの無いように適正な処遇を確保する

この3要件は非常に重要で、例えばスーパーのレジ打ち係とか、コンビニの店員といった人たちには適用されない。なぜなら、そういう業務には高い職業能力が要求されないからだ。

その後、さらに検討を進めた結果、「年収1,000万円以上」という別の指標も追加された。

時間ではなく成果で評価される働き方を希望する働き手のニーズに応えるため、一定の年収要件(例えば少なくとも年収1000万円以上)を満たし、職務の範囲が明確で高度な職業能力を有する労働者を対象

出典:日本再興戦略 改訂 2014 22ページ
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/honbun2JP.pdf

つまり、この制度の是非についてアンケートを取るなら、この法案で対象となっている人、および、なりそうな人を対象にして調査する必要がある。コンビニのバイトに聞いてもしかたがないのだ。例えば、東大文一の4年生を対象としてアンケートを取るなら話はわかるのだが、日本国民を対象に実施しても意味はない。

それにしても不思議なのは、全然関係ないはずの人たちがなぜここまでホワイトカラー・エグゼンプションに反対するのか、である。たとえば、「年収1,000万円以上の人たちの所得税率を10%アップします」と言ったところで、大抵の人は「ふーーーーん」でオシマイだろう。関係ないのだから。なぜかな、と思って数日考えてみて、2つの仮説にだどりついた。ひとつは、ちゃんと法案の中身を読んでいなかったり、国会の審議内容をみていないということだ。もうひとつはさらに突っ込んだ、意地の悪い仮説だけど、全部わかった上で、自分が「高度な職業能力を持っていない」人間だと、自分で認めるのが嫌、というものだ。どちらにしても、そのせいで日本経済が停滞したままでは困ってしまう。安倍政権の成長戦略にはほとんどみるべきものがなく、唯一評価できるのがこの残業代ゼロ法案なのだから、政府はきちんと国民に説明すべきである。

もうちょっとわかりやすく言えば、本田や長友や香川がもっと自由に好きなときに練習できるようにしようと、「勝手に考えて良いよ。やりたければいくらでも練習していいし、休みたければ勝手に休みなさい。そのかわり、自分の体調管理はきちんとやってね。パフォーマンスが落ちたら試合では使わないよ」と言ったら、高校生たちが「そんなんじゃ、夜遅くまで練習になっちゃう。勉強だってしなくちゃいけないし、塾にも行きたいから、練習は曜日と時間をちゃんと決めてくれ」と苦情を言ってきたようなもの。君たちは関係ないんだよ(^^; ちゃんと自分で管理する能力がある、トップレベルの人たちの話なんだから。

参考:
日本の労働環境のためにやらなくてはならないたった1つのこと
http://buu.blog.jp/archives/51412624.html

総統閣下はお怒りです「残業代0指令」
http://buu.blog.jp/archives/51435072.html


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51444437