2014年08月15日

総統閣下はお怒りです「アベノミクス号応答せよ」

モリタック:なんか、海外ではアベノミクスの評価が怪しくなってきていますね。

閣下:国内でも散々だけどな(笑)

モリタック:でも、安倍内閣の支持率は高いままですよ?

閣下:不思議だよなぁ(笑)

モリタック:アベノミクスのどこらへんがダメなんですか?

閣下:日銀の異次元緩和によって期待感だけは高まったけれど、財政政策はしょせん従来型の公共投資だし、成長戦略はないのと同じだ。対症療法だけで期待感を煽り、でも実際は何もやっていないってところがダメだな。

モリタック:もうちょっとわかりやすくお願いします。

閣下:ガンダムはお断りだぞ?

モリタック:普通の喩え話で構いません。

閣下:今の日本を人間でたとえると、常に発熱していて、いつも貧血で、めまいがして、体重がどんどん減少していて、寝汗が酷く、関節に痛みがある状態だ。

モリタック:なんか、不安になる状態ですね・・・。

閣下:アベノミクスでやっていることは、熱を下げようとおでこに氷のうをあてて、貧血が改善するように鉄分を多く含むレバーを食べ、少しでも体重が増えるように点滴して、寝汗が酷いので毎日シーツを取り替え、関節の痛みには湿布を貼る、といったことだ。

モリタック:なるほど。それで回復するんでしょうか?

閣下:残念ながら、回復しないだろうな。

モリタック:え?なぜですか??

閣下:やっていることが対症療法だからだよ。氷のうをあてればその場は熱が下がるし、点滴を打てば体重も増えるだろう。でも、すぐに元通りだ。

ヒロッコ:症状から診断すれば、日本は白血病なんですもの。必要なのは対症療法ではなく、原因療法なのよ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51449927