2014年08月19日

KABOちゃん

知人から「かき氷が食べられるラーメン屋がある」とのタレコミ情報があったので、食べてきた。以下、評価。




名称:KABOちゃん
種類:東京
場所:駒込
注文:しもふり中華そば
評価:3/BBC
2014.8.18
コメント:麺は細めで弱くよりが入ったタイプ。機械打ちの素麺のようなツルツル感が強く、小麦の食感は希薄。この手の麺はスープの絡みが悪くなるケースが多いのだが、この店の場合はきちんと絡んでいた。若干、臭みが残っているのが気になったのだが、これは麺が細いために茹でる時間が短いからだろう。

スープは鶏ベースの醤油味。脂が強めで味がぼけそうなところ、味を濃い目にしてバランスを取っている。濃い味付けが好みならこれもありだと思うのだが、醤油系の味が前面に出すぎていて、ダシの旨味が希薄だった。また、醤油からなのか、苦味が舌に残るのも気になるところである。

チャーシューは火の通りを抑えているにも関わらず厚切りなので、噛み切るのに苦労する。

同行者が注文した塩も食べさせてもらったのだが、ラーメンの完成度としては塩の方が上だと思う。




テーブルの上のウォーターポットは全部空っぽで氷しかないし、前の客が食べ終わったあとの丼はいつまでもカウンターの上に放置されている。チャーシューを切るときは包丁をぐりぐりやって肉を押しつぶしながら切っているし、かき氷の注文を受けていることもあって、調理のオペレーションは乱れっぱなし。恐らく、店でのちゃんとした修行経験がないのだろう。「四つ葉」ほどの粗悪感はないものの、類似の気配が感じられる。

さて、最後に肝心のかき氷なのだが、4つあるシロップのうち3つまでが完売。残っているのがミクルココアだけだったのだが、コーヒーやココアを飲まない僕はパス。写真だけ紹介しておきます(笑)。




店名 カボちゃん (KABOちゃん)
TEL 非公開
住所 東京都北区西ケ原1-54-1
営業時間 11:30〜15:00 17:30〜21:00
定休日主に水曜日

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51450292