2014年11月01日

THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014

表参道のスパイラルガーデンでやっているTHE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014の後半を観てきた。実は前半も観たのだけれど、諸事情あって(笑)、ここでは報告しなかった。

若手を中心とした作家の作品を色々と観ることが出来て楽しい。どのギャラリーも場所がらもあってかなかなか強気な価格設定である。僕の感覚では、デパートで個展をやるたびに少しずつ評価(価格)が高まっていくのかな、と感じているのだけれど、このイベントも多少そういった意味合いがあるのかも知れない。

正直に言えば、「あと20%ぐらい安かったら、すぐに売れるのになぁ」という作品がチラホラ見受けられたのだが、そこを我慢してきちんと売ってこそ、作家の評価が高まるし、ギャラリー・ディレクターの腕の見せ所でもあるのだろう。

万画廊さんではキモカワ系の作家中川知洋の立体作品に、ルンパルンパさんでは先日森美術館のアートショップで見つけた牟田陽日さんの焼き物に赤丸シールを貼ってきた。牟田さんの作品は、森美術館の焼き物とかなり迷って、一度六本木まで行って検討したのだけれど、万画廊の伊藤さんが、「せっかく石川から来てるんだし、悩むならこっちにしたら?」と耳打ちされて、それもそうだな、と思って購入。良いものを紹介してくれているのだから、ちゃんとリアクションしないと活動が続かなくなってしまう。このあたりは、売り手と買い手は持ちつ持たれつで、売り手を支援することは、その延長線で作家さんを支援することにもつながる。バブルの頃は良いものも悪いものも全部トラックに積んでさぁいくら、という時代だったけれど、今は逆に良いものも悪いものも売りにくい時代である。でも、良いものだけはちゃんと売れないと文化が育たないわけで、「これは良いなぁ」と感じたら、なるべく買わないと。山口晃さんみたいに立派になっちゃうと、もうこちらが買いたくても買えないんだけれどね(笑)。

金沢は九谷の茶碗祭りや和傘を買いに行ったりするので、次に行くときはルンパルンパさんにも行ってみようと思う。

THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014
http://systemultra.com/
11月3日(月曜日)まで。

#あ、今週って三連休なのか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51457963