2014年11月25日

九谷赤絵 福島武山 一門展

銀座三越8階で開催されていた「九谷赤絵 福島武山 一門展」を観てきた。

一門展ということで複数の作家による赤絵作品を一度に観ることができたのだが、並べてみるとやはり福島武山氏の完成度が素晴らしい。

有生礼子氏を筆頭に、武山氏の築いたものをどうやって越えていくのか、どこに新しい価値を生み出していくのか、興味深かった。

一門展は今日まで。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51461276
この記事へのトラックバック
共有 九谷焼 福島武山 赤網手鉢 日本を代表する陶磁器工芸品、「九谷焼」。 その代表作家、福島武山の赤網手鉢です。 福島武山は、赤絵細描と言う、九谷焼の伝統技法を再び隆盛させた作家です。 赤絵技法は、江戸後期に流行した南画の技法を焼き物に絵付けするために考え出さ
九谷焼 福島武山 赤網手鉢【CRAFTS DESIGN】at 2015年02月15日 15:17
この記事へのコメント
福島さんの弟子では見附さんがずば抜けて素晴らしいですよ。今年、柿傳ギャラリーで「チーム九谷展」があり福島さん、見附さんと参加されていましたがクオリティーは高く、素晴らしいです。
見附さんのが欲しかったのですが初日でしたが見附作品は完売していました。
Posted by 匠 at 2014年12月02日 02:54
> 福島さんの弟子では見附さんがずば抜けて素晴らしいですよ。

12月中旬の、三越の酒器展で出品予定みたいですね!!
Posted by buu* at 2014年12月02日 13:33
情報ありがとうございます。仕事がちょっと多忙でしてお返事か遅くなり失礼致しました。今、見附さんが出品されているスイスの美術館でのLogical emotion展が、来年ドイツの美術館に巡回されるので拝見しに行く予定です。
Posted by 匠 at 2014年12月10日 07:14
> 今、見附さんが出品されているスイスの美術館でのLogical emotion展が、来年ドイツの美術館に巡回されるので拝見しに行く予定です。

三越の酒器展、開店直後に行ったんですが、販売は抽選で、作品を見ることすらできませんでした。ちょっと、三越の売り方はイマイチですね。買えないにしても、せめて、午前中ぐらいは作品を置いておいて欲しいです。
Posted by buu* at 2014年12月29日 09:26
もう今年も終わりですね。酒器展の情報ありがとうございました。実は私は仕事で伺えなく、代理を使い初日行ってもらったのですが同じような事を言ってました。
そうですよね。どの様な作品かだけでも拝見したいものです。
見附さんは海外でも評価が高くなってきており、人気作家であるのは解りますが・・・
せめて置いておいて欲しいですね。

知人の情報ですと1月のしぶや黒田陶苑の酒器展に見附さんが出品されるとの事です。私も伺う予定です。

Posted by 匠 at 2014年12月31日 04:09
> 知人の情報ですと1月のしぶや黒田陶苑の酒器展に見附さんが出品されるとの事です。私も伺う予定です。

そうですか。情報、ありがとうございます(^^ 僕もうまく都合をつけることができたら行ってみようと思います。
Posted by buu* at 2014年12月31日 17:20