2014年12月17日

今日の陶芸教室

今日は釉掛けと高台づくりを教わった。

釉掛けは初めてだったので、手からどぼんと釉薬に突っ込むのが「おお」という感じ。指で持っていたところは筆でちょいちょいと薬をつけるんだけど、ずいぶんといい加減なものだな、と感心した。というか、一事が万事、「どうせあとで修正できるから」というノリなんだよね(笑)。おかげで、プレッシャーが全然ない。




高台は前回の体験教室で一回作ったので、これが二度目。さすがにコツが飲み込めたので、作業は簡単である。ポイントは、力をかけすぎて一気にやってしまわないことと、時々手で触って厚みを確認すること。意外と、手の感覚は敏感なので、目をつぶって手先に神経を集中すると、良くわかる。




本当は2個、高台を作ってしまいたかったんだけれど、残念ながら時間切れ。続きはまた来週。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51464775