2015年02月12日

清志郎(キヨシロー)が来た

花子ひとりだと寂しいかと思って、リクガメを増やしてみた。ギリシャリクガメ、名前は清志郎である。




うちにきて5日ほどだが、花子とはずいぶん性格が違う。花子は小心者で、環境が変わると数日飲み食いをしなくなるし、いつまで経っても人間に慣れない。一方で清志郎は、うちにやってきてすぐ、モリモリ食べ始めた。花子はリクガメフードが大好きだが、清志郎は小松菜ばかり食べている。個体差がずいぶんあるようだ。身体の大きさは花子の方がふたまわりくらい大きくて、ときどき水槽の壁に向かって大暴れするので、そのあおりを食って清志郎は土に埋もれてしまったりする。しかし、それでもなお、仲間と認識するのだろう、なぜか寝るときは二匹並んで寝ている。だらしなく足が伸びているところもそっくりだ。




#「せいしろう」と間違えて読む人がいたので書いておきますが、「キヨシロー」です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51473340