2015年02月24日

GoPro HERO4をiPad、iPod touchでリモート操作

一々頭上でコントロールするのも馬鹿らしいので、iPadやiPod touchでリモート操作できるように設定してみた。マニュアルはちょっと不適切でわかりにくいのだが、GoPro本体のファームウェアを更新して最新版にし、ネットワークのペアリングを実施、さらにネットの名前とパスワードを設定したのちに、iPadなどのWi-Fi設定をすれば完了。GoPro本体のモニターはかなり貧弱で操作もわかりにくいのだが、iPadなどからほとんどの設定ができるので、さっさとWi-Fiの設定をしてしまった方が良い。

iPadからは撮影画像をリアルタイムでモニタリングできるので、非常に便利。一方、touchからは撮影した動画を再生することはできるのだが、リアルタイムでのモニタリングはサポート外だった。スキーならリフトの上でtouchを使って動画のチェックができるはずだ。まだ使っていないけれど、これはかなり便利っぽい。しかし、そうすると問題はバッテリーの持ち具合。先日、リフトに乗っている際もスイッチを入れっぱなしでいたら、たった3本でバッテリー切れになった。時間にして30分弱だと思う。予備のバッテリーを持っておいたほうが良いのはもちろんなのだが、バッテリー交換は悪天候下では無理なので、その点は面倒くさい。晴れていれば全部クリアされるのだが。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51475135