2015年03月12日

2014年 映画ランキング 洋画編

1位 インターステラー ☆☆☆
映画ファンなら、ぜひとも映画館で観ておきたい作品。

2位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ☆☆★
大人から子供まで楽しめる。続編を作る気満々。

3位 ジャージー・ボーイズ ☆☆★
イーストウッドらしさは薄口だが、批判らしい批判が出てこない映画。

4位 ストックホルムでワルツを ☆☆★
実話の持つパワーが凄い。

5位 アバウト・タイム ☆☆★
せっかくの特殊能力を意外と小さな幸福のために利用するところが良い。

6位 ウォルト・ディズニーの約束 ☆☆★
びっくりするような仕掛けがあるわけでもなく、子どもでも楽しめるような作りになっているけれど、しみじみと良い映画だと思う。

7位 マダム・マロリーと魔法のスパイス ☆☆★
全然主役級の活躍をしないマロリーがタイトルになってしまうのが謎だが、映画としては面白い。

8位 ゴーン・ガール ☆☆★
後半、キチガイたちが大活躍する。

9位 フューリー ☆☆★
戦争の現実を生々しく表現。戦勝国でこういう映画が撮られたことは興味深い。

10位 RUSH ラッシュ/プライドと友情 ☆☆★
スポーツの世界でライバルたちと戦った経験がない人がどう感じるのかは分からないが、そういう世界にいたことがある人間の一人としては、最後まで飽きない内容になっていた。

11位 ジゴロ・イン・ニューヨーク ☆☆
軽い笑いに終始していて、観終わったあとの印象も良い。デートに最適。

12位 ベイマックス ☆☆
単純に楽しめるので、肩肘張らずに鑑賞すれば良い。

13位 ウルフ・オブ・ウォールストリート ☆☆
余計なうんちくを盛り込んだり、お説教のような教訓話にせず、お祭を描くことに徹しているのが良かった。

14位 アナと雪の女王 ☆☆
ストーリーはストレート、演出はダイレクト。PIXARが時々見せる(例えばモンスターズ・インクのラストシーン)奥ゆかしさが全くない。子供向けには良くできていると思う。

15位 アメリカン・ハッスル ☆☆
言葉、風俗、音楽、下敷きになっているアブスキャム事件など、米国人じゃないと理解が難しい要素がてんこ盛りなので、米国人が「三丁目の夕日」を楽しめないのと同じように、日本人がこの映画を心の底から楽しむのは難しいと思う。

16位 悪童日記 ☆☆
内容が文学的で、映画には馴染まない印象。本で読んだほうが楽しめそう。

17位 バルフィ! 人生に唄えば ☆☆
長いので途中で眠くなるが、ラストまで頑張ればスッキリする。

18位 グランド・ブダペスト・ホテル ☆☆
演出やコネタは楽しいが、ストーリーが散漫だったのが残念。

19位 her ☆☆
脚本と設定が面白いのだが、最後の仕上げが下手くそだった。

20位 X-MEN:フューチャー&パスト ☆☆
旧作との整合性がとれなくなってしまったが、それを気にしないのであれば楽しめる。

21位 記憶探偵と鍵のかかった少女 ☆★
設定は秀逸だが、ストーリーは陳腐。

22位 猿の惑星:新世紀(ライジング) ☆★
さらなる続編が前提なので、食べ足りない部分はある。

23位 GODZILLA ゴジラ ☆★
エメリッヒ版よりは面白かったけれど、すげぇ面白いかと言えば、そんなこともない。

24位 オール・ユー・ニード・イズ・キル ☆★
タイムスリップの定義がかなりいい加減でご都合主義なので、映画に入り込みにくいのだが、ラストシーンは良い。

25位 複製された男 ☆★
一度観ただけでは解釈が難しいのだが、二度観たら寝ちゃいそうな困った作品。

26位 はじまりは5つ星ホテルから ☆★
男性とか、専業主婦の女性が観てもあまりピンと来ないかも知れないが、仕事に生きている女性が観たら色々と共感するところがあるのではないかと思う。

27位 ぼくを探して ☆★
小品だとは思っていたが、予想以上に小品だった。

28位 ローン・サバイバー ☆★
戦争映画が好きなら楽しめそう。山岳地帯を舞台にした大量のタリバーンと4名の精鋭の戦闘シーンは迫力満点である。

29位 ラストミッション ☆★
眠くなるほどつまらないわけではないけれど、この映画に1,800円出すのはどうなの?という感じ。

30位 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー ☆★
カッコイイ主人公が大活躍、という内容なので、特に文句はないのだけれど、大味な展開に終始している。

31位 サボタージュ ☆
正義対悪の対決というよりも暴力対暴力という構図。最終的にわりを食うのが弱者ばかりで不快な気分になる。

32位 ブルージャスミン ☆
どうしてそこで終わっちゃうの?という終わり方で、ちょっとストレス。

33位 パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト ☆
バイオリンの演奏は凄い。録音も良い。コンサートだと思えば十分満足なのだが、残念だけど、これ、映画なのよね。

34位 マイティ・ソー/ダーク・ワールド ☆
前作よりも明らかにパワーダウン。

35位 トランセンデンス ☆
観るべきものはほとんどないダメ映画。

36位 プロミスト・ランド ☆
ごくごく当たり前の内容なので、映画館で観るほどのこともない。

37位 アメイジング・スパイダーマン2 ★
まるでミュージカルのように音楽がなりっぱなし。この音が個人的にはあまり好きになれなかったので、映画にも乗りきれなかった。

38位 キック・アス/ジャスティス・フォーエバー ★
結局、続編に着手するまでに2年間を要したという時点で、失敗は決まっていたのだと思う。

39位 リベンジ・マッチ ★
何やら、加齢臭がしてきそうな映画。

40位 マレフィセント ★
完全に子供向けなので、大人の鑑賞には堪えない。子供を連れて行く場合は眠気対策必須。

41位 ワールド・エンド ★
映画オタクだと楽しめるのかも知れないが、普通の映画ファンだと、映画の暴走っぷりについていけなくなる。

42位 ルーシー 無星
驚きに溢れた珍作。でも、ラズベリー賞ではノミネートさえされず。

43位 トランスフォーマー ロストエイジ 無星
当たり外れの差が大きいシリーズだが、間違いなく大ハズレ。

44位 ダイバージェント 無星
何か残るものがあるわけでもなく、爽快感もなく、では突っ込みどころ満載かといえばそんなこともない、普通にダメな映画。

この記事へのトラックバックURL