2015年07月11日

大喜(再訪)

前回食べたのは2002年10月23日。僕の記憶では麺が柔らかくて、なぜこのラーメンが人気なのかさっぱり理解不能という感じだった。念のため、過去の評価を確認せずに食べてみた。




名称:大喜
種類:塩
場所:湯島
注文:とりそば
評価:2/CBB
2015.7.10.
コメント:麺は細目でコシが足りない。食感はつるつるで、丼の中でまとまってしまい、中華麺というよりは素麺のようだ。細いこともあってスープの絡みは悪くないのだが、麺がまとまってしまうので、麺の量に比較して絡むスープの量が少なく、結果として味が薄く感じる。

スープは鶏ベースの塩味。味の方向は悪くないと思うが、デリケートすぎる。そのデリケートなスープにこれでもかと色々トッピングしているので、味が安定しない。特に鶏挽き肉に含まれていると思われる生姜は影響が大きく、バランスを大きく損ねている。

チャーシューは炙ったタイプの鶏肉で、決して悪くはない。しかし、わざわざトッピングするほどの価値はない。

このレベルのラーメンが一部で高く評価されているのは全く理解不能。これが美味しいと感じる人なら、東京にはさぞかし美味しい店があることだろう。それはそれで幸せなことである。

と、レビューを書いてから、前回の評価を確認してみた。

4/BBB
2002.10.23
麺はコシがなくて食感的にはソーメンみたい。スープの絡みは問題ないが、どうも満足感がない。スープはトンコツベースの醤油味で和風だしを強めにきかせたもの。いわゆる東京西部ラーメンだが、中華風という感じもする。あまり旨味が感じられず、トッピングのネギやカイワレぐらいでスープのバランスが崩れてしまう。チャーシューもまぁ、悪くないといったレベル。全体を見ても大きな欠点は見当たらないが、これなら神楽屋、こましょうといったお店の方がずっとお薦め。

出典:魔人ブウ*のラーメンデータベース
http://www.netlaputa.ne.jp/~buu/Date/ta.html#20021023

うん、ほとんど一緒。やっぱ、この店は過大評価されている。せめてもの救いは12時というお昼時どまんなかでも行列なしに食べることができたこと。さすがに、ちゃんと味がわかる人は「行列するほどの価値はない」と気付いているのではないか。

店名 大喜
TEL 03-3834-0348
住所 東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル 1F
営業時間 [月〜金]11:00〜15:00(L.O.)/17:30〜22:00(L.O.) [土]11:00〜15:00(L.O.)/17:30〜21:00(L.O.) [日]11:00〜16:00頃まで [祝]11:00~20:00頃まで(材料なくなり次第終了)
定休日 なし

この記事へのトラックバックURL