2015年07月17日

着想のマエストロ 乾山見参!

kenzan


タイトルを読んだだけで行きたくなくなるセンスの感じられない展覧会だが、内容に罪はないので頑張って見てきた。

いや、さすがだった。染付の下絵が中心なんだけど、発想が凄い。結局、今ある「面白い発想」の多くはこの頃に開発されていたんだなぁ、と思う。それを取り入れるのは別に恥ずかしいことじゃないので、色々と参考にしたい。

この記事へのトラックバックURL