2015年07月23日

白木千華さんのうを茶碗が箱入りになった件

先日の陶ISMで購入した白木千華さんの茶碗が箱入りになったので、改めて撮影しておいた。













茶碗の価値は「見た目重厚、持って軽いが一番」と教えてもらったことがあるんだけれど(それは正しいんだと思う)、その価値観とは全く別のベクトルで作られているところが良い。こういう、自分の想いを可能な限り詰め込みました、というアートは、たとえば黒田陶苑で扱われることは絶対にないと思うのだけれど、若さや勢いがそのまま反映されていて清々しい。陶芸の世界は比較的似通った方向にあるので、こういう才能がきちんと育っていったら良いなぁ、と思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51500370