2015年08月13日

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

roguenation


トムのはまり役、ミッション・インポッシブルシリーズ最新作。例によって冒頭のシークエンスからメチャクチャ楽しい。出てくる登場人物たちがみんな魅力的だし、誰が敵で誰が味方かはっきりしない。このあたりが脚本の妙で、凄く練った感じがする。カメラアングルや演出にも手抜きがない。陸、空、水と全てのアクションに緩みがなく、格闘シーンも素晴らしい。お決まりのカー(バイク)チェイスも迫力満点である。加えて、007よりも数段アップしている「笑い」の要素が良い。緩急自在とはこのこと。音楽も良い。

本当に、トムはこのシリーズだけやっていれば良いと思う。

ケチのつけどころがない作品で、文句は字幕ぐらい。ほとんど簡単な英語なので、字幕を見ずに鑑賞したほうが良いかも知れない。

劇場で観るべき作品。僕も多分もう一度観ると思う。いや、傑作。評価は☆3つ。文句なし。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51503162