2015年08月16日

人生スイッチ

jinsei


アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた作品は秀作が多いので期待して観に行った。結論から言えばはずれ。

映画は6本の短編から成るオムニバス映画。それぞれに何かのつながりがあれば良かったのだが、そういう仕掛けはなかったと思う。

飛行機に乗ったら機内は共通のひとりの人物とつながりがある人ばかりで・・・という話や、山道でのろのろ走る車を追い抜きざまに罵った高級車の運転手が、その先でパンクして立ち往生しているところにさっきの車に追いつかれて喧嘩になる、といったわりとどうでも良い話が続いていく。笑えるといえば笑えるのだが、爽快感がなく、スピード感もないので楽しむより前に眠くなってくる。

これ、面白いの??

評価は☆半分。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51503327