2015年09月04日

ジュラシック・ワールド

jurassicworld


コスタ・リカの島に作られた恐竜テーマパークで恐竜が逃げ出してパニックになる、といういつものストーリーである。米国人ってどうして飽きないんだろう、と不思議になる。

もちろん、技術的な向上はあるので、特撮は見事なんだけれど、不自然な会話や演技があって、脚本力や演出力はむしろ低下しているのではないかと思ってしまう。

レックスでは物足りなかったのか、遺伝子改変までして恐竜を強化したおかげで、恐竜というよりはゴジラみたいな感じになってきた。

眠くなるほどではないけれど、別に面白い映画でもない。ただ、ホームシアターだと一層見どころがなくなりそうなので、興味がある人は映画館で観たほうが良いと思う。もちろん、観ないという選択肢も有力。

評価は☆1つ。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51505353