2015年09月08日

北大路魯山入の小皿

北大路魯山入の小皿。







土は白貫入、釉薬は石灰透明、下絵は黒呉須、茶呉須、青呉須とワンショットの赤を使用。黒呉須による縁を濃い目にして、髪や服、猫の柄などは筆のムラを利用して表現。茶呉須の発色が思ったよりも悪く、肌色がほとんど出ていないのだが、おかげで色白になった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51505664