2015年09月08日

北大路魯山入のぐい呑み

大平師匠直伝の大平焼きによるぐい呑み。

赤土で、内側は石灰透明を釉掛けし、還元焼成。さらに800度で金彩。







表面は渓流の波を表現。内側に青呉須で描いた鯉が一匹。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51505665