2015年09月08日

映画 みんな!エスパーだよ!

allesper


オープニングの大仰な映像からして苦笑してしまうのだが、そのテンションは良い意味でも、悪い意味でも、ラストまで継続する。これ、中学生ぐらいの男子が観たら面白いのかも?でも、大人が観るにはちょっと厳しい感じ。園子温監督にしてはかなり脚本が手抜きだし。ただ、子供が観て楽しめる内容になっているとすれば、そういった感性を失っていないことは素晴らしい。残念ながら僕はそういう感性を失ってしまったので、わりとすぐに飽きてしまった。

最近だと同じようにただただ馬鹿らしい映画に「マッド・マックス」があったのだが、マッド・マックスは馬鹿らしいにも関わらず、最後まで一気に駆け抜けるスピード感があって決して飽きさせることがなかった。一方で本作は、馬鹿らしいエロが炸裂することを期待させておいて、いつまで経っても盛り上がりに欠けてしまい、途中で盛り上がりを諦めてしまうような内容だった。

せっかくのエスパーも、だんだん影が薄くなってきて、最後の方は超能力なんかどっか行っちゃった感じだったし。

今回、開映時には僕を含めて客がふたり。一時間ぐらいで退出者があって、終わってみたら客は僕だけだった。まぁ、そんなもんだろう。やっぱ、ただおっぱいがでかいだけのグラビアアイドルみたいな女性が大量に出てくるだけじゃぁ、2時間は厳しい。あと、この映画、女性が観て面白いの?

評価は☆半分。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51505670