2015年09月11日

ヴィンセントが教えてくれたこと

vincent


変なタイトルだなぁ、またろくでもない担当者が変なタイトルつけたんだろうなぁ、と思いながら鑑賞。

ろくでもない老人ヴィンセントと、隣に引っ越してきた少年の交流を描いていく。なんか、昔もこういう映画を観たことがありそうなんだけれど、ありきたりっぽくても脚本と演出で飽きさせない。予定調和のストーリーが展開するのだけれど、それでも感動しちゃうのはやっぱり「北の国から」からの伝統的「子役もの最強」ということだろうか。

カーチェイスもなく、凄い音楽で盛り上げるわけでもなく、正直映画館ではなく家でのビデオ鑑賞で事足りる気もするのだが、十分に楽しめる内容だった。タイトルは「聖人ヴィンセント」で良かったんじゃないのかなぁ?なぜこいつが聖人なの?という気分で映画館に来て、ラストまで観てもらう意味で。

評価は☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51505880