2015年09月24日

ウィーン散策 その1

空港からバスでウィーン中心部に出て、そこから地下鉄でホテルのあるNeubaugasse(ノイバウガッセ)へ。

ウィーンの地下鉄は通り一遍の改札があるだけ。切符はルーズ。そのかわり無賃乗車がバレると結構高い罰金を払わされる。

結構深いところを走っているようで、エスカレーターは長い。歩くのは左で、右が立ちスペース。

地下鉄のドアは凄い勢いで閉まるので、日本と同じつもりで駆け込み乗車してはさまると痛そう。

ドアの前に立っていて、駅についてぼーっとしていると、後ろにいた小学生の女子が「突っ立ってんじゃないわよ」という感じで押しのけて、手動で開けてくれる。地下鉄のドアは黙っていると開かないので要注意。

駅からすぐのホテルに荷物を置いて、とりあえず夕食を兼ねて街に繰り出してみた。2006年に一度来ているのだけれど、ほとんど忘れてしまった(笑)。

街なかはトラムがビュンビュン飛ばしている。



そして、何気なくゲーテさんの像があったりする。ここ、前に来た時は「ゲーテはまぁいっか」と飛ばしてしまったので、ちゃんとフォローできて良かった。ごめんよ、ゲーテ。



さらに進むと、オペラ座。











前回来た時は二列目でコンサートを観たのだが、今回はパス。

もちろん、スタバが一等地にあるのは全世界共通。



ということで、目的地に到着。

レストランや腫瘍観光スポットのほとんどは無料Wi-Fiが整備されている。コンビニはなくて、スーパーは19:30や20:00ぐらいで閉店。会社は大抵17:00に終了で、みんな早めに帰って、買い物を済ませてしまうらしい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51507472