2015年09月26日

U Vejvodu

夕飯は地元の人と観光客でごった返しているU Vejvoduへ。店に来たら15人ほど並んでいたけれど、店が大きいので回転が早い。大体、土曜の夜なので、店はどこも混んでいる。

ただ、フロア係の手際は悪く、30分ぐらいで入店。ちゃんとハンドリングしていればあと10分は早かったはず(2人組を4人テーブルに案内して、そのあとの4人組が行くところがなくて、2人掛けは空いている、みたいな)。








































フロア係の質はイマイチだったけど、料理は美味しかったしリーズナブルな値段だった。それにしても、飲んで食べて2,000円、みたいなエコノミーな店でも普通に英語が通じる。10年前のプラハは、ホテルの人ですら英語が良く聞き取れなかったのに、素晴らしい進歩である。日本は、東京五輪に向けて小さい店舗の英語力向上が急務だろう。

この記事へのトラックバックURL