2015年10月15日

船木大輔さんの新作3点

銀座の金沢に和傘を観に行って発見したのが船木さんの新作である。

ぐうたらな鬼









天使















赤ずきんの陶箱









3つとも相変わらずのオリジナリティである。そして、ちょっと見る角度を変えただけで受ける印象が全く変わってしまうところが良い。

加えて、マニアックな視点で見ると、赤ずきんの陶箱の本体と蓋のかみ合わせが注目点。蓋に適度な重さを与えている形状自体もとても独創的なのだが、全く遊びがないところが技術的に凄い。「え?これ、きちんと金のボタンを合わせると、ピッタリじゃん!」と驚いてしまった。糸(弓)で切っているならわからないでもないのだが、指で造形しているようで、そのすげぇこだわり具合は恐ろしいまでである。こんなに凄い技術をさらっと投入し、デザインも魅力的なオリジナリティを併せ持っているのに、まだブレイクしていないのが不思議である。ということで、今のうちに色々買っちゃおう、と密かに考えている。で、今回はもう買っちゃったので安心してお知らせできるけど、同じような作品が銀座一丁目の「銀座の金沢」で購入できます。僕が知人から「私の分も買っておいて」と言われる前に、ぜひどうぞ(笑)。

銀座の金沢 ギャラリー
住所:〒104-0061 東京都中央区 銀座1丁目8-19 キラリトギンザ6階
電話:03-6228-7733
営業時間:11時00分〜21時00分

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51508346