2015年11月25日

ハングリータイガー 保土ヶ谷本店

「全てのはまっ子にとってのソウルフード」と言えるかどうかはわからないけれど、少なくとも僕はハングリータイガーのハンバーグを食べて育った。40年ぐらい前、自分で稼ぐ前は親戚に連れられて、大学院ぐらいからは研究室のメンバーと研究の合間に食べに行った。注文はいつも「シュープリーム」。これを一度食べてから、他のハンバーグを食べることがなくなった。

その後、繁盛店になってファミレス化し、さらには食中毒騒動を起こして事業縮小するなど栄枯盛衰があったのだが、ここ数年は比較的少数の店舗で営業していた。5年ほど前に一度食べに行ったのだが、その時はノーマルのハンバーグしかなく、正直に言えば「このレベルなら、良く探せば他にも同じレベルのハンバーグはあるよなぁ」と思ってしまった。

ハングリータイガー保土ヶ谷店
http://buu.blog.jp/archives/50798405.html

ところが、今日、ひょんなところからシュープリームが復活しているという話を聞いた。しかも、肉がなくなりつつあって、いつ提供を停止するかわからないという話まで聞いてしまった。ちょっと前に、「死ぬ前にもう一度食べたいラーメンは?」と聞かれたら小川町のピカ一と応えるという話を書いたけれど、死ぬ前にもう一度食べたいハンバーグなら、ハングリータイガーのシュープリームなのだ。これは食べに行くしかない。本当は軽井沢に向かっていたはずなのだが、天気が悪いという情報もあって、急遽行き先を保土ヶ谷に変更した。

メニューを開くと、確かに「和牛シュープリーム」(店の表記はスープリーム)がある。しかも、「在庫がなくなり次第」というシールまで貼ってある。噂は本当だった。来て良かった。迷わず、ダブルスプリームハンバーグ(200gx2)のレギュラーセット¥3,580(税込)を注文した。







これだよ、これ。郷愁もあるのかも知れないけれど、グリルKでも、ウチョウテンでも、もちろんミート矢澤でも食べることができなかったハンバーグ。

なくなってしまう前に、あと2、3回は食べておきたいなぁ。

#最高のハンバーグ(ただし、僕の主観)を食べたい人は、早めに保土ヶ谷のハングリータイガーへどうぞ。ちなみにトレッサ横浜、グランツリー武蔵小杉店以外の店でも食べることができるようだけど、ハンドリングによって味に差があるかも知れないので、面倒じゃなければ保土ヶ谷の本店で。

店名 ハングリータイガー 保土ヶ谷本店 (Hungry Tiger)
TEL 045-333-7023
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区星川3-23-13
営業時間 [月〜金]11:00〜22:00(L.O.21:30) [土・日・祝日]11:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日 無休(元旦を除く)

この記事へのトラックバックURL