2015年12月04日

林美佳里さんの「赤絵春秋文ぐい呑」

今回大人買いした作品の中では一番のお気に入りがこれ。




側面は網目文と桜、楓。桜や楓の線も、全然迷いがなくて勢いがある。それでいて、収まるところにピタッと収まっている。










そして、内側はびっしりと網目文。




どうやって書くんだ、と思ってしまうのが、側面の網目文。




凄い技だ。

この記事へのトラックバックURL